FC2ブログ

翻訳出版情報

胡傑『ぼくは漫画大王』(文藝春秋、2016) 第三回島田荘司推理小説賞受賞作
ぼくは漫画大王 - 文藝春秋BOOKS(各ネット書店・電子書籍ストアへのリンクあり)
訳者自身による新刊紹介 - 胡傑『ぼくは漫画大王』(執筆者・稲村文吾) (「翻訳ミステリー大賞シンジケート」ブログに寄稿)

文善『逆向誘拐』(文藝春秋、2017) 第三回島田荘司推理小説賞受賞作
逆向誘拐 - 文藝春秋BOOKS(各ネット書店・電子書籍ストアへのリンクあり)

陳浩基「青髭公の密室」(『オール讀物』2018年8月号、文藝春秋) 第七回台湾推理作家協会賞受賞作
オール讀物 8月号 - 文藝春秋(各ネット書店へのリンクあり)

陸秋槎『元年春之祭』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ、2018)
元年春之祭 - ハヤカワ・オンライン
訳者自身による新刊紹介 - 陸秋槎『元年春之祭』(執筆者・稲村文吾) (「翻訳ミステリー大賞シンジケート」ブログに寄稿)

陳浩基「藍(あお)を見つめる藍(あお)」
陸秋槎「1797年のザナドゥ」(ともに『ミステリマガジン』2019年3月号、早川書房)
ミステリマガジン2019年3月号 - ハヤカワ・オンライン

陳浩基『ディオゲネス変奏曲』(ハヤカワ・ポケット・ミステリ、2019)
ディオゲネス変奏曲 - ハヤカワ・オンライン
本格・推理・恐怖・奇想・密室……陳浩基の最新作登場! 『ディオゲネス変奏曲』訳者あとがき(稲村文吾) (早川書房公式note)

陸秋槎「色のない緑」(『アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー』早川書房、2019)
アステリズムに花束を - ハヤカワ・オンライン

宝樹「だれもがチャールズを愛していた」(『S-Fマガジン』2019年8月号、早川書房)
S-Fマガジン2019年8月号 - ハヤカワ・オンライン

雷鈞『黄』(文藝春秋、2019) 第四回島田荘司推理小説賞受賞作
黄 - 文藝春秋BOOKS(各ネット書店・電子書籍ストアへのリンクあり)

――『現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック』シリーズへの寄稿――

風狂奇談倶楽部さんの同人誌に短篇の翻訳を掲載してもらっています。
Publications - 風狂奇談倶楽部公式 Web
●羅修「Wの喜劇」
現代中国・台湾ミステリビギナーズガイドブック 印刷特別増補版 (東方書店通販ページ)
●陸秋槎「冬の喜劇」
現代華文ミステリ☆ワールド 現代中国・台湾ミステリビギナーズガイド3 (東方書店通販ページ)
●凌小霊「星の悲劇」
『Oriental Mystery Tour 華日大学ミス研競演』(2019)

↓ 『現代華文推理系列』シリーズについては追記に



続きを読む

スポンサーサイト

青稞「浮島幻想」

青稞「浮岛幻想」 (『推理世界』2016年1月B号)

岛田、东野、乙一、麻耶、行人、宫部と名乗る六人のミステリ愛好者たちが、湖に浮くコテージに集まっていた。しかし一晩が明けると参加者の一人が殺され、外界との連絡が絶たれたコテージでの推理合戦が始まる。

助走が極端に短く九割方を解決編が占める構成は他の作品でも試みているもの。大量のアイディアを純粋に見せるには有効な形なのかもしれないが、後半に至ると手数が増えるのに興趣が比例しないのは、トリックのフカし方や各自の綽名と推理のタイプをリンクさせる遊びが面白いだけにかなり残念。3 1/2

陳嘉振『矮霊祭殺人事件』

矮靈祭殺人事件 (三民網路書店)
陳嘉振『矮靈祭殺人事件』(新苗文化、2009)

賽夏(サイシャット)族の旧家である苑家では、当主の双子の弟が数十年ぶりの帰還を果たす。折しも当主の苑俊亮は、部族の伝統を観光資源に換えようと事業の展開を始めていた。
十年に一度開かれる伝統の矮靈祭が、長老の反対を押し切り規模を拡大して挙行されたそのとき、密室となった祭殿で苑俊亮とその弟が殺されているのが発見される。凶器となったのは奇妙な謂れを持つ「蛇腸剣」で、禁忌を破った報いではないかとの噂が流れ始めていた。


台湾的な推理小説の創作を試みる作者による、正面から横溝正史の換骨奪胎に挑んだ作品。 中心となる事件の調査は密室状況とそのトリックが中心にあるものの、そこを囲む状況の変転やサブプロットが充実していてかなり盛りだくさんな印象。その割に作品全体としてエクストリームな感じはなく、各要素を丁寧な筆致で整然と捌いていくあたりには熱気よりも落ち着きを感じる。堅実な作りで確実に満足感を与えてくれる作品になっていると思う。4

弋蘭「誰是兇手?」

誰是兇手? (博客來)
弋蘭「誰是兇手?」(誰が犯人?) (皇冠、2017)

産婦人科医の鍾智楷は、平常の仕事をこなす一方で、不幸な出産を阻止するために殺人や自殺幇助に手を染めていた。自ら死を望む何人目かの患者のためその家に向かった彼は、女がすでに何者かに殺されているのを発見する。

第五回島田荘司推理小説賞最終候補作。作者は第十四回(2016年)台湾推理作家協会賞で最終候補に残っている。あちらは作品の傾向からまさに期待されそうな捻りを入れた短篇だったが、この作品は「本格ミステリー」の募集を謳った賞に応募するにはなかなかの変化球か。定型に乗っていないのは視点のひねりだけにとどまらず、複数視点によってすでに読者の知っている情報が(登場人物へ)明らかにされていく書き方で、いわゆる謎解きの興味は強くない。強い動機に動かされる登場人物間の身の在り所がわずかにずれていくところがポイントだろうが、状況の転変重視の筆致はやや食い足りなさが残るかも。3 1/2

青稞『巴別塔之夢』

巴別塔之夢 (博客來)
青稞『巴別塔之夢』(バベルの塔の夢) (皇冠、2017)

幼少期の記憶を失っている青年の方遠は、ある日唐突に「バベルの塔の主」を名乗る人物から、多額の報酬とともにある「島」への招待状を受け取る。彼の相談を受けた探偵の陳默思とその友人の陸宇は、方遠とともに招待に応えることとなる。同様に招待を受けた男女たちが到着したのは、九階建ての塔が一つ建つだけの荒れた島だった。一同を迎えた男は、十年前、同様の塔が建つ孤島で暮らしていたある教団の存在について語る。その翌日から、島では不可能な状況での殺人が次々と起こりはじめる。

第五回島田荘司推理小説賞最終候補。作者は大陸在住の90年代生まれで、『推理世界』誌を中心に中短篇のかなり濃い本格ミステリを発表している。この作品も孤島で起きる不可能犯罪の連続に、目張り密室や「建築物詭計」についての講釈が挟まれ、なかなかマニアックな/先人への敬意を表した作り。
過去の因縁と現在の不可能な連続殺人を対比/連関する構成は同時に候補になった『歐幾里得空間的殺人魔』にも近いが、こちらは分量は少なめながら過去にかなり踏み込んでいく。章間に挟まれる夢の描写は眩暈感がよく出ている一方で、全体に物語の展開は直線的で、ストイックとも言えるが味気なさとも紙一重かも。
さて肝心の真相は、手が込んでいるのは確かで、一つの原理が解明されると様々な謎の糸口が掴める、という狙いも分かるのだが、細部の詰めにアンバランスな感じがあってエレガントさに欠けるのは否めない。選評の通り、生に近い形の発想をそのまま飲み込めるかが分れ目か。3 1/2
プロフィール

稲村文吾

Author:稲村文吾
中国語で書かれたミステリを読んでいく日々。
このブログではTwitterでつぶやいた感想をまとめています。

文中の日本語訳は基本的に筆者の仮訳です。その他間違い等ありましたらコメント欄で指摘をお願いします。

Twitter
https://twitter.com/inmrbng/
豆瓣
http://www.douban.com/people/83636738/
微博
http://weibo.com/u/5100560071

Mail:
inmr_huawenmystery@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR